ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


ヒンシュクとセンボウ


昨日は久々に終日休みをとりましたが、有限会社を解散するために司法書士さんに会ったり、移動で渋滞に巻き込まれたり、熱帯魚の水替えから、介護まで、あまり休んだ気がしませんでした。

今週も忙しいですが、がんばります。


最近、お向かいの子どもさんに、妙にジロジロ見られるので、不思議に思っていました。

僕の家はトイレが外にはりだして、お向かいの方を向いているので、朝、ブリブリブーという騒音を聞かれて、それでヒンシュクの眼差しを送られているのではあるまいか…と、思っていました。

先日、その両親(父親は僕の高校の二個先輩)と少し話す機会がありました。

その先輩は某ホテルでコックをしており、最近MK新聞にコラムを持つようになり、僕のエッセイ『フットハットがゆく!』も読むようになり、子どもたちも読んで絶讚している…

で、その作者が向かいに住んでいる人と分かり、驚いている…

とのことでした。


エッセイを読んで羨望の眼差しを送ってくれていたのに、ウンチの音を聞かれてのヒンシュクの眼差しであると勘違いする僕はまだまだ修行が足りません…

コメント

No title

友達が 夜勤でMKに乗る時 読んでくれているみたい☆

わたしも年に一回くらいしか乗らへんけど
MKに乗った時は 記念に新聞もらってまぷ♪

Re: yumi

ありがとうございます。

みなさんあってのぼくですw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する