ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


エラー30ヶ所以上!?(泣)

 
Oh NOoooooooooo~~~~~~!


クライアントチェックに出していたDVDに対し、大幅修正の要請が。

う~ん、詳しい事はかけませんが、


野球に例えると、一つの試合を撮って編集した所、クライアントから、

「選手がエラーしているシーンを他のショットと差し替えてくれ…」

といわれた感じです。


しかもそのエラーは、1時間の試合中に30ヶ所以上…

それも、トンネルとか落球とかボーンヘッドとか分かりやすいエラーなら、初期の編集段階でカットしています。


指摘されているエラーは、

「選手の靴ひもの結び方が左右で微妙に違う」

「選手のユニフォームの裾が少しよれている」

「選手の帽子のかぶり方が少し斜めになっている」

的な感じです。


え~~~!? そこまでこだわるん!?


普通の人の観点だと、試合の内容、プレーの内容、選手の格好よさなどに目がいきますが、たとえばユニフォームメーカーの人やユニフォームをデザインした人なんかは、選手のユニフォームの着方が観点の中心になるわけです。


まぁ、僕にとっては不可抗力ですし、そこまでこだわるなら、現場でちゃんとやっといて!って文句もあります。


でも、現場は現場でもの凄い戦争状態(裏方)ですから、まぁいたしかたないですね。


僕にできることは頑張って対処します。


僕自身、こういう仕事をしていると、様々な人が様々な観点で物事に関わっている事がわかり、本当にいい勉強になります。
 

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する