ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


チェンジの時期

 
昨日は工務店の方が来て、家を売る段取りを話し合いました。

築70年、うち21年は僕が住みました。

21年住んだ場所を離れるというのも何となく寂しくもありますが…。


売れればの話です。買い手がつけば一ヶ月で家を空けなければなりませんから、う~ん、仕事の環境が変わろうかというこの忙しい時期に、家までかわるという、なんかこう個人的変革、チェンジの時期ですね!

ちなみに、有限会社フットハットはこの11月でクローズします。

お仕事下さった方々、応援いただいた方々、

ありがとうございました。


会社の件も家の件も、やはり父親自身の体の事が大きいですね。

本人が動けるうちに、やるべき事はやり切っておきたい、という考えみたいです。

父はもう、食事、トイレなど一人でしにくい状況で、歩くのも高さ1センチの敷居を越えるのにひと苦労…という状況です。


永遠のものは無いので、現実を受け止めて前向きにいきたいですね。

僕自身は新しい環境に向かって内心燃えるものもありますし、次のステップについてはまたタイミングを見ておいおい話せるかと思います。


では。また。   塩見
 

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する