ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


過ぎ行く夏の名残かな

 
今日は朝、昼、晩、カレーでした。

昨夜の制作段階での感動は何処へやら、最終的な味は、まぁまぁ、ふつ~、という感じでした。ふつ~。

ほんま、深夜の感性ってあてにならんすね。


セミの脱け殻

予定通りしっかり庭の剪定もしました。100パー素人ですがね。

カエデ(モミジ)の枝を切っていて思い出しました、お盆前にした線香花火を。

いにしえより様々な人が何度も例えたのでしょうけれど、僕は今日初めて、カエデが線香花火に似ていると気付きました。日本人が大好きな線香花火とモミジ…繋がってたんですね。

ということで剪定の時にはなるべく花火の火花のようになるよう切っていたのですが、それも低い所での話。はしごに上って高い所に行くともう、ぼく高い所嫌いですし、なんや葉の量も増えて、もう適当にわ~~~ッ、わさわさわさッと切りました。打ち上げ花火~~!!!てなもんよ。

かえで


まぁでも、木から落っこちるでもなく、毛虫もおらず、特にネタになるハプニングはなし。


枝チョキチョキやりながら何となくセミの脱け殻集めたら15個集まりました。うひょひょ

セミの脱け殻

だいたいセミの幼虫は6~7年間を土中で過ごしますから、この脱け殻全部足したら90歳以上ですね。

でもセミとなった彼らはもう生きてはいまい…。

過ぎ行く夏の名残かな…


もともとこの実家の庭は、父が健常の時によく農薬を撒いてましたからね…。この脱け殻のセミの幼虫たちも6、7年の土中生活のうちになんらかの農薬の影響を受けたかもですが、こうやって今年無事にセミになってくれたということは、虫好きの僕にはとても嬉しい風景でした。

どんな生き物にせよ、その生命が循環するということは感動的です。


あ、セミとカイコの一生に興味のある人はこちらのマイエッセイブログをどうぞ!


地球平和!!!(^o^)/

 

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

No title

祖父母が夏の間、養蚕をしていたので
子供のころ 夏休みになると よく手伝ってたよ! 
幼虫はうにょうにょと 可愛いから触ってた♪

そんなすぐに死ぬって知らなかったゎ
ガとして 飛んでる姿は ちょっと苦手↓

Re: No title

え~そうなん?丹波の方?

今度行くとき、僕も誘って!!ぜひ見学したいです。

No title

残念ながら 祖父は他界
祖母も高齢のため 今はやってないのよv-39

蚕はモスラみたいで可愛かったなぁ(←しつこく)

Re: No title

 
それは残念。

最近はカイコの飼育キットとかあるみたいですよ。
 
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する