ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


障害者スポーツセンター

ピクチャ-1

本日はB-TRIBEのストリートダンスの面々が出場する夏祭りを撮りに、京都市障害者スポーツセンターにいって来ました。

夏祭りはともかく、僕は施設そのものに興味があったので、時間の合間に見学しました。

やはり、スロープと手すりが基本ですね。

プールにもスロープがあり、一階と二階をつなぐスロープもありました(屋外にあります)。

エレベーターはもちろん広めで開いている時間が長い気がしました。

あと、トイレが多かったですね。障害者用の洋便の他、障害者用の和便もありました。(初めて見ました)


最近は父が車椅子が手放せない生活なので、バリアフリーということにとても興味を持っています。

先日、某温泉に父と出かけた時、あまりのアンチバリアフリーに、温泉に入るまでに相当の体力を消耗し、温泉そのものを全く楽しめなかった…という経験がありました。

今後僕の価値観は、バリアフリーに積極的な施設や人々が基準になってきそうです。

健常者にとってどんなに良い施設でも、アンチバリアフリーの所はやはり僕の中では低評価です。

そういった意味でも、このスポーツセンターを見学出来たことは良い経験でした。

 

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する