ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


ダンススタジオの小学四年の女の子

ダンススタジオの小学四年の女の子に、すね毛が濃くて悩んでいるといわれたので、僕がひざの半月板の手術をしたとき、医者から足の毛を全部除毛するようにいわれ、その時使った除毛クリームはもう足がトゥルントゥルンにナルでとすすめたところ、しばらくしてその子がまた来て、塩見さんにいわれたクリームを塗ったらこんなんになった、と見せられた足は、まるでチンパンジーのように毛むくじゃらで、僕も非常にあせり、マクドおごるから許して、と、いったところ、それで許すという事だったので、一緒にマクドにいったら、客が見る、見る、その子の足を、これは違うんです、ダンスの発表会の衣装なんです!と説明して回る僕、どこのダンス発表会にチンパンジーの足をくっつけて踊るところがあろうかと、自分でも言い訳に苦労しながら、あぶら汗をかいて目が覚め、これが初夢でなくて良かったと思いました。


大晦日の塩見
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する