ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


先週から少し風邪をこじらせつつ、回復せぬまま長引いています。

先週から少し風邪をこじらせつつ、回復せぬまま長引いています。

体力が落ちているせいもあるだろうし、ここ数年のプレッシャーとストレスもたまりにたまっているせいもあるのか、人の気づかいというものに、ものすごく癒されます。

よく、スポーツ選手などで、頑張って下さい、と言われるのがキライだという人を聞きます。

お前に言われんでも頑張っとるわ!とか、なんでお前のために頑張らなあかんねん、的な発想らしいですか、僕は声をかけてもらえること自体が、気をかけてもらっていることと考える方なので、頑張って下さい、って言われたら、うん、ありがとう、あなたのために頑張ります!っていう気になる派です。

基本、孤独癖が非常に強いので、人と触れ合う事が人一倍のストレスである代わりに、人の思いも人一倍感じる、という、内気だけど感受性が強い少年のような性格だと自己分析するとと、知っている人からは笑われます。


あと、先日、これはどう考えても食った量より出した量の方が圧倒的に多いやろ?!っていう日がありまして、出るわ、出るわ、まだ出るか、もう出んやろ?あ、まだ出た!という感じで。下痢ではないんです。

原因はよくわかりませんが、前の日の深夜空腹時に手元にあった食べるものでタケノコのたいたんと、干しぶどうと、ナッツの類いとを大量に食べて、それと白ワインガブ飲み。

僕的には干しぶどう(大量)と白ワインの組み合わせかな?とにらんでいるのですか、どうでしょう?ぶどうがらみという事で。

とにかく、次の日が自然なオツージであんだけスッキリするなら、また、ぶどう攻めしてみようと思うと同時に、精神的ストレスも、ざばっと流せる方法はないものかと思案中です。

大きな希望をさえぎる小さなストレスの蓄積など蹴散らしていけばいいんですがね、そこは少年のような感受性ですから(笑)。


押忍

塩見多一郎
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する