ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


一流は芯をはずさない






先ほどホルモンを食いながら語った内容です。


一流は芯をはずさない



ダンサーの体幹や、舞台でのセンター確保などの話の流れでした。


芯を外してどんなに暴れても、それはただの元気な人であって、一流のパフォーマンスにはなり得ない。

という話で盛り上がりました。


スポーツ全般もそうですし、文化的な分野にも当てはまると思います。


塩見多一郎


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する