ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


10日ぶりの水




本日は、

病室に行くと、ベッドがなくなっていたので、

一瞬ドキとしましたが、

何とかスキャンのために、

別室に移動中でした。


その後、病室でレントゲンを撮り、

さらに、

口のリハビリというものを行いました。


父は入院以来、絶飲食状態で、

今日、リハビリとしてですが、

10日ぶりに水を飲みました。


点滴があるとはいえ、

やはり自分の口で飲み食いできることは大きい。


飲み食いはもちろん、

咳きをしたり、

タンをはける、飲み込めることさえ、


自力でできるコトは幸せなんだと、

感じます。



あた、父は見舞い中はおろか、

リハビリ中もすやすや寝始めますが、


長く入院する患者さんというのは、

夜暗く静かになると不安で寝られず、

逆に昼人がいてガヤガヤしていると、

安心して寝てしまうそうです。

そして、昼寝てしまうので、

夜、さらに寝られない、というコトになるそうです。


この、入院患者の昼夜逆転現象は、

寝たきり度を促進するので、

よくない、

と、リハビリの先生が仰ってました。



すやすや寝ているのでいいことかと思っていましたが、

今度から見舞い中は起こすことにします。




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する