ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


みらくる

 
最近は、父親がスタスタ歩いている夢をよく見ます。

現実は、電気コード一本をまたぐのに一苦労な状態です。


そんな父の元にも全く帰れていないので、心苦しいです。



歩くことに一苦労の父親を見ていると、逆に普通に歩けている人がとても幸せ者に見えますし、ある意味それは奇跡的なことなんだとさえ思います。


だからダンススタジオの子供たちが元気に走り回っている映像を撮っていると、ただそれだけで泣けてきたりします。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する