ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


塩見ギネス記録は他に何があるのかと聞かれたので、メモっときます。

塩見ギネス記録は他に何があるのかと聞かれたので、メモっときます。


同じガムを噛み続ける。 / 13時間

不眠 / 80時間

連続睡眠 / 30時間

減量 / 10日で10㎏。うち、4日で7㎏。

増量 / 前出のあと一週間で12㎏。

絶食 / 丸五日。

無飲料 / 重労働時に12時間。

便秘 / 丸10日。(ネパールにて)

下痢 / 一日20回。(ヒマラヤにて)

遠泳 / 4km(途中から漂流)

引きこもり / 約一ヶ月。

無喋り(人と話さない) / 約10日。

銭なしで過ごした時間 / 約20日





などです。

あくまで個人記録で、後半は記憶が曖昧です。僕よりすごい人に、過去何人か遭遇しています。あと、書けない記録も何点かあります。

押忍

塩見

探し物は何ですか?

昨日納品後、結構調子出てしまって飲みすぎて、朝起きたら眼鏡がない、探してもない、探しても探しても、ない、さんざん探してもないから、仕方なく裸眼で出勤したものの、裸眼0.01を切っている状態で何も見えず、視点合わず、焦点合わず、並行感覚を失い、二日酔いもあいまって、気分悪くなって来て、後半はほとんど目を閉じている状態で、仕事を口実に街へ出たついでに、コンタクトレンズを一年ちょいぶりに購入、半日ぶりに視力が回復した瞬間に目の前にいた検査士の女性に恋しそうになりつつ、そのあとあれやこれや仕事して、部屋に戻った時に、あんだけ探しても見つからなかった眼鏡が、すぐに目に入って来て、どうしても必要で探している時には全く見つからず、必要なくべつに探していない時にすぐに見つかるという、人生の縮図というか、人生の嫌味というか、人生の盲点というか、これはもしかして神様のいたずらで、僕とあの検査士を遭遇させるためのものなのかと、二十代の頃なら思ったかもしれませんが、もう四十代なので思わない。

押忍
……………
塩見

余命600年。

先週のことですが、スタジオのキッズ8人をクルマに乗せて移動することになりまして、人生最大限の安全運転をしましたね。

車の中は子どもくさいし、うるさいし、わーわーなっていましたが、よく考えると、日本人の平均寿命を80年として、小学校4.5.6年のこの子らの余命は70年ほど、カケル8人で560年。僕の分も含めると約600年分の余命がこの車一台に…。

600年と言えば時代をさかのぼれば室町時代ですやん。


何というのでしょうか。

歌をうたい出す子。

ゲームをして絶叫する子。

恋バナする子。

誰かに寄りたくてひたすらはしゃぐ子。

この子らの将来の事を考えると、全部ひっくるめていとおしくて涙がでかけました。


絶対事故らないよう運転するぞ!
この車に当ててくるやつは、絶対許さん!

などと思いつつ、保育園の送迎バスを運転するドライバーさんはどんな気持ちなのかと想像しつつ、無事、目的地につきました。


押忍

塩見