ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


ボクシングに比べたら大概のものは甘い






うわーっまたブログサボっていますね。

先週は久々に休みを取って、大阪にボクシング観戦に行きました。

井岡一翔vs八重樫東の試合。

二人のファイティングスピリットが伝わり、僕自身闘争心が湧いてきました!
ボクサーの命をかけた戦いに比べれば、それは試合だけではなく、練習、減量、も含めて、大概のことは甘々な気がして、自分の悩みや苦痛など甘ちゃん、彼らのパンチ一発分の価値もない。

とか思うと、しょうもない事で悩むのがバカらしくなり、ストレスも吹き飛ぶのです。

二人の選手にありがとうです。

会場では、生辰吉も久々に見れたし。

写真は現世界チャンピオンの粟生選手。って、ほとんど分からんけど。笑

他に井岡弘樹、大橋秀行、薬師寺保栄、シャンプーハットの背の高い方を見ました、笑

アロハ、マハロ。

IMG_77872.jpg

今日はハワイに来て三日目です。

今年は撮影スケジュールも楽で、自由時間が多いので、プールサイドでジントニックなど飲みながら、ブログ、エッセイ、台本などを書くといった贅沢な時間を過ごしております。

パソコン画面をにらんでおりますと、必死に仕事をしているように見えるのか、ウエイトレスさんに、「仕事しすぎないでね」といわれました。でも今書いている台本は義務で書いているものではなく、いわゆる個人の趣味で書いているので、その間精神的にはとても解放されているわけで、目は酷使しているかも知れませんが、楽しい時間なのであります。

ハワイも6回目なので、うろちょろ動かず、波と戯れることもなく、ただプールサイドで自分の好きな文章を書き精神的に解放されているというのは、やはり贅沢な時間といえるでしょう。

ありがとうございます。


塩見