ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


パタカについて語る

先日靴を買った話をしましたが、1100パタカといわれてもいくらか分からん、ということで解説します。

今のレートですと、1パタカ=約9.5円です。

計算しやすいように、だいたい10掛けで考えていました。

つまり、20パタカ!といえば200円。

150パタカ!といえば1500円です。

買った靴は1100パタカで1万1千円。

おみやげに買ったゴディバのチョコは320パタカで18個入りだったので、一個約18パタカなので180円どす。



ちなみにマカオでは香港ドルも使えて、レートがほぼ同じなので、10パタカのものは10香港ドルで買えます。

混ぜるのも可能で、例えば30パタカのものを10パタカと20香港ドルで払ってもOKです。

どちらかというとパタカより香港ドルの方が流通していて、だいたいお店などもドル表記の方が多かったです。


さて、おとなり香港に行くと、パタカは使えません。

香港ドルは香港とマカオで使えるけど、パタカはマカオでしか使えない。

パタカも香港で使えるようにするか、いっそパタカをなくしたらいいのにと思うのですが…。


でもまあ、パタカは語感が少し軽くて好きです。

僕の好きなパタカは、5パタカです。ゴパタカ。

赤パタカ青パタカ黄パタカ。


ゴディバのチョコも、320パタカだよ!というと安っぽいので、320香港ドルだよ!というか、
ふつうに料金のところに $320 となっているので、320ドルのチョコだよ!といっても嘘ではないのでそういいます。
かなり高級です。

塩見

無事、香港・マカオの撮影取材から帰国しました。

詳細はまたB-TRIBE TVで!



マカオの通過はパタカといいまして、もちろんマカオでしか使えません。

僕はこのパタカという響きがどうしても、『カイジ』に出てくる地下組織の通過『ペリカ』を思い出してしまいました。


塩見

パタカ






仕事でマカオに来ておりまして、本日は二日目です。

今日は自由時間にベネチアホテルのなかで迷子になりましたついでにここで靴を買いました。古い靴はここで引き取ってもらいました。見た目は似たようなデザインですが、コーナンで買った980円の靴から、1100パタカ(マカオの通貨)に格上げしました。

……………
塩見

殺生、功徳、恨み、殺生、などなど。

本日は父親の誕生日だったため、休みを取っていました。

しか~し、前日の編集作業が伸びに伸びて朝10時までかかりまして、日付時間的に行きますと、13日の34時、という計算です。

そこから三時間ほど寝たあと実家へ。

二時間ほど荒れ放題の庭の木々伐採。

1センチほどの毛虫が大量に発生しておりまして、かなり殺しました。

僕は毛虫といえどもむやみに殺したくない方なので、殺虫剤は使わず、庭の横に流れている用水路に流しました。魚が食べてくれたら、毛虫たちもしっかり意義ある死であったことになりますし…。結局、1000匹くらい用水路に流しました。葉っぱに乗ったまま流れて行く毛虫たちは少し、滑稽というか、冒険的でした。

そんな用水路にでっかいコイが泳いでおりまして、スイスイと気持ち良さそうでした。

庭仕事も終わりかけのころ、その用水路からバシャバシャと音がしますので、のぞいてみると、水がすっかり引けて、先ほどのコイが泳げなくなって暴れておりました。用水路は人工的に水が増えたり減ったりするので、ボーッと泳いでいると取り残されるのです。

この用水路ではたびたび大きなコイが取り残されます。その後どうなるかというと、弱って死にかけのところをカラスに喰われます。実際、この用水路の水が引ける時間には、たいがいカラスがやって来て逃げ遅れた魚を探しています。その時も来ていました。

自然の摂理ということで、いつもは魚を助けたりしないのですが、今日は毛虫をたくさん殺して心が痛んでいたので、功徳と思って助けることにしました。

はしごをかけて用水路に下りまして(良い子はマネしないでね)、その時撮った写真がこれです。

KOI2.jpg

正面から見るとコイなのかなんなのかよくわからないですね。

かなり大きめで、バケツにもうまく入りきらず、頭だけ水につかった状態で大急ぎで淀川まで運び逃がしました。コイはもともと生命力が強いので、ぜんぜん大丈夫、無事、泳いで行きました。

1000匹の毛虫に恨まれ、一匹のコイに感謝され、数匹のカラスに恨まれる、そんな一連でした。



その日の晩は秋刀魚でした。たいへん美味しゅうございました。合掌


塩見

SANMA.jpg

ダンスとダブルダッチと

本日はダンスイベント11時間撮影コースでした。でも、何回か休憩できるタイミングがあったので、前回の耐久撮影よりはマシでした。

DJタイムに休憩中、よし、TVのアイデアを十個出そう!

と思って考え始めたら、二十個くらい出て来たので、ナイスでした。

実際に使えるかどうかはべつ!(笑)


あと、番組のダブルダッチリポーターをしてくれているKくんのチームが、今日関西の大きな大会で優勝したらしく、とても嬉しく思いました。

ほんの一月前に、B-TRIBEの主催する大会で惨敗し、悔しくて口もききたくないであろうはずなのに、健気に笑顔でリポーターをつとめてくれた姿が印象的でした。

全国大会、世界大会へと道は続きますんで、ますます応援したいものです。


昨年ダブルダッチリポーターをつとめてくれたAちゃんも、春に東京の大会で惨敗して泣いていた次の日に、ちゃんとリポーターしてくれたことを思い出します。その後彼女のチームは、昨シーズンの無敵チームにのし上がったし…。

逆境に強い人は、やっぱり強いんだな。

と思いました。


塩見

食欲の秋!?!?

あっという間に夏も終わり、まだ残暑はあるのでしょうが、九月といえばやはりもう秋。

今年の夏の楽しい思い出、









な~し!


最近、人から、

塩見くん健忘症?

と言われることがあるので、何か楽しいことがあったのに、忘れているだけかも知れません。

健忘症的になっている理由は恐らく、不眠症からくる変則睡眠のせい、睡眠薬と頭痛薬を併用したりしたせい、だと思うのですが、よくわかりません。

認知症だったらどうしましょう?


以前病院のポスターで見たのですが、

食べたものを思い出せないのは単なる物忘れ。

食べたことを思い出せないのは認知症の疑い。

だと書いてあった気がします。


ということで、ここ何日かの食事を思い出してみます。


今日。

コンビニの大盛り鶏ささみサラダに、納豆二パックをかけて食べました。

昨日。

コンビニの大盛りエビサラダに、納豆二パックをかけて食べました。

一昨日。

コンビニの大盛り厚底サラダに、納豆二パックをかけて食べました。


その何日か前。

大盛りカップヌードルのカレーに、納豆二パックをかけて食べました。


以上、ここ数日、納豆二パックをかけて食べたものです。


その他、納豆をかけずに食べたものは、

来来亭のラーメン。コンビニのサンドイッチ。ソフトクリーム。ゼリー。ポテトチップ。

などです。

なぜ納豆は毎回二パックかけるかというと、部屋に冷蔵庫がないので、買ったら買った分食べてしまわないといけないからです。

コンビニの納豆は二パックか三パックがセットになっているので、調子のいい時は三パックを買って一気に食べますが、大概は二パックを買います。

塩見

リア充という言葉の意味をやっと知りました



前から気になっていたのですが、「リア充」という言葉の意味を、昨日やっと知りました。


皆さんご存知ですか?「リア充」(りあじゅう)


リア充うざい!とか、リア充は引っ込め!とかいう書かれ方を見たので、リア・ディゾンとあだち充がくっついたような、人の名前かと思っていたのですが、

どうやら、

現実の生活(リアル生活)が充実している人間のこと

らしいです。


現実生活が充実しておらず、ネットやゲームでウサを晴らしていた人々が作った言葉だそうです。

非リア充な人のネット上のたまり場に、リア充の人が来ると、うざいとか帰れとかなるらしいです。


さて、自分を見てみると、リア充か非リア充か?どっちなのじゅう?


私生活そのものはそれほど充実しているという感覚はないので、非リア充のような気が…。

でも、現実的に、仕事はそうとう充実しているので、それに限っては、リア充。


間をとって、仕事のみ充実している、しごじゅう。

ちなみに年齢もしごじゅう。

なんちゃって。


こういうブログを書いている時点で、非リア充な気も…。


塩見(42才)

食欲<性格








………

写メはよく行く回転寿し屋のあぶりうなぎで、僕の中では定番、パワーフードなんです。

その店にいったら必ず注文します。

もちろん、回転している場合もありますが、基本あぶりたてがおいしいので、新規に注文します。


しかし先日、左隣の人が、

「あぶりうなぎ」

と、注文し、

出されたものをみて右隣の人も、

「こっちもあぶりうなぎ」

と、注文し。

そこで真ん中の僕もあぶりうなぎを注文できるかというと、僕は性格的に無理な感じで、その日は食べ損ねました。


塩見