ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


その時、地球の重さは…?

   
  15年ぶりくらいに、偶然電車でばったり会った女の子がいて、

「おたがい、肥えたね~」

  なんて話になって、

「俺、あの頃より15キロは肥えたで」

「私も10キロは肥えた」

「ということは、地球は15年前より25キロも重くなったってことやな!」

「ワハハハ!」

  なんて会話をしました。もう、数年前の話ですが…。



  逆に最近、こんな会話もありました。

M「塩見さん最近やせましたね?」

塩「うん、手術後禁酒してから少しやせた」

  M、Tさんを見て、

M「逆にTさんは太りましたね」

T「少し肥えた」

塩「やせる人がいて、太る人がいる。地球の重さは変わらないから、そうやってバランンスが保たれてるねん…」

M「なるほど!」



  まぁ、以上二つの話は完全に矛盾するのですが、これは会話の流れでのジョークによる地球の重さ論ですのでお許しを…。

  実際、サイエンス的にはどうなんでしょう?


 塩見

タイミングの妙

とある場所の便所に、Mちゃん(インスト)が三回いったら三回ともゴキブリが出たという。

同じその便所に、Fくん(インスト)は10回ほどいっているが、一回もゴキブリを見たことがないという。


Mちゃんにとって100%ゴキブリが出るトイレと

Fくんにとってゴキブリのゴの字もないトイレとは、

全く同じトイレ。


こればかりはタイミングとしかいいようがないですne…。



僕は今の事務所に来て、声を荒げて怒鳴ったことは三回だけです。

その三回に偶然 居合わせたのはCちゃん(生徒・高三)です。

三回ともCちゃんには全く関係のないところでの怒鳴りでしたが、

彼女にとっては『塩見さんは始終、誰かを怒鳴っている』

てな印象になるんでしょうね?


また、Sくん(生徒・中一)からは、『僕は高校時代ラグビー部だった』というと、

「塩見さんは穏やかなのでラグビー部での姿を想像できない…」

といわれました。


タイミングでの印象の違い。大きいですNe。

Cちゃんからは『怖い人』と思われ、Sくんからは『穏やかな人』と思われ。



ちなみに、以前住んでいたご近所さんで、10数年住んでいて三回くらいしか会わなかった人なんですが、

あった時三回ともこけはりました。


僕にとってその人の印象は、年365日こけているであろう人であり、よくこける人といえばその人になるのですが、もしかしたらその人は、人生で三回しかこけたことがないのかも知れません。

塩見多一郎

上を向いて歩こう、涙がこぼれないように

また今日もカーくんやゴーくんを殺虫剤で何匹も殺しまして、

僕は虫を殺すたび心が痛む方で、

殺すたびに泣きたいほどなのです。

ゴキブリが足をバタバタさせて死ぬ所を見ると、泣きそうになります。

蚊が特攻隊のように墜落していくのを見ると、泣きそうになります。


実家の淀川堤防を歩いておりますと、

景色が良くて遠くを眺めながら歩きたいのですが、

道のアリや虫を踏んで殺してしまうので、

たいがい真下を向いて歩いてしまいます。


犬の糞を踏まないためとか、

小銭を探しているように見られもしますが、

虫を踏み殺したくないから下を向いて歩くのです。


上を向いて歩こう、涙がこぼれないように…


という歌がありますが、

そうやって歩くと、

踏まれて死んで泣いている虫がいると思うと、また泣けてきます。

シュール…


もちろん、虫を踏み殺すことを諦めて開き直って、堂々と前を向いて歩くこともよくあります。

でも、いつかは虫の悲しみに対する報いがあるのだと覚悟して歩いています。


押忍


塩見多一郎

忠告を無視したので、僕が殺し屋役になりました。


昨日は大人のゴキブリを3匹殺しました。

基本的に僕は、むやみやたらに生き物を殺すのが嫌いで、ゴキブリや蚊、ハエも必要なければ殺しません。

虫好きなんで、殺すのが怖いというわけではなく、無益な殺生が嫌いというわけです。

ただ、昨日は頼まれたので3匹まとめて殺しました。


僕が自分に言い聞かせているのは、自然の摂理に従う時は殺す、という時です。

それは、

食べるとき。

殺さないと自分の身が危険になるとき。

です。

虫は食べませんが、死んでもらわなければ自分が危険になる時は殺します。


ゴキブリが、ばい菌を介して食中毒や伝染病を引き起こす危険があると判断したときは殺します。

泣く泣く殺します。


殺す際の流儀として、名前をつけます。ゴキちゃんに。

これはただ単なる気まぐれの殺生ではなく、生きるか死ぬかの瀬戸際での殺生なのだと自分に言い聞かせるためです。

昨日死んだのは、五右衛門と五郎兵衛と権太郎です。
ぜんぶ頭がゴで始まる所がダジャレっぽいですが…。
どうか無事成仏して欲しい…。

実は僕は一昨日に五右衛門に一対一で遭遇していて、そのとき忠告したのです。

「僕以外の人に見つかったら殺されるしな…」

と。

でも忠告を無視した彼らはまとまって他の人に発見され、騒ぎ立てられ、殺すように頼まれたので僕が殺し屋役になりました。


押忍

塩見 多一郎

墓参りとか。

本日は父親の痰吸引というのを教わりました。

長い間母親まかせだったので、これからは僕もやろうと思います。

父親は痰を自力で吐き出す事が出来ないので、定期的な痰吸引が不可欠なのです。これを怠ると、呼吸困難や肺炎を引き起こします。

僕は、この父親の痰吸引のインパクトと、自分の肺気胸の呼吸困難の経験から、たびたび呼吸に絡んだ悪夢を見ます。

人間には色々な幸せがありますが、普通に呼吸できる事は、かなり幸せです。そうじゃない人からして見れば、ミラクルであるとさえ感じます。


さて、今日は墓参りの予定をしていましたが、雨もキツかったし、痰吸引の実践に切り替えました。

墓参りより、大事だそれは。


僕はよく思うのですが、

命を大切に! と言いながら虫を殺す人。

戦争反対! と言いながら兄弟喧嘩や夫婦喧嘩をする人。

被災地に元気を! と言いながら、身近な人に優しくしない人。

そういう人たちが全く信用できません。


ご先祖を弔うことの意義も、現実をおろそかにしては意味はなし。


とか、思いつつ、晴れたので墓参りに行きました。


塩見

今月の初体験2連チャン!







この年になっての初体験、月一回は更新するぞ!

という事で、先日は男ひとりでスイーツに行って見ました。人生初体験。

以前、テレビ取材でお世話になったからふね屋三条店さん。

テレビでも紹介したワッフルショコラパフェを食べました。

僕は病気をして酒をやめる以前は、甘いものなど絶対にすすんで食べなかったのですが、最近は一日一回はアイスなどを食べます。

しかし、コンビニのアイスなどはお酒でいったらビールみたいなもので、チョコレートパフェとなると、これは焼酎のロックみたいなものだと思いまして、まだまだスイーツ新人の僕にはキツかったです。でも食べ切りましたけど。また行きます。

ちなみにからふね屋さんには100種類以上パフェがあるのですが、僕はスイーツに限らずだいたいどんな店でも10秒くらいで食べるものを決めます。

でも隣の女子二人組は決めるのに15分くらいかかっていました。ある意味すごいですね。他に考えることないんですかね?そして男の日焼けがすきだけと、日焼けサロンとモロにわかる日焼けは嫌だ、という話をしていました。それは炭火焼肉は好きだけど、ガスの焼肉は嫌いだ、という感じの話ですかね?

とにかく聞きたくもない話がでっかい声で耳に入るそういう場所が苦手なのですが、日焼けサロンの話で、ああ、今月の初体験のメニューに、日焼けサロンがあったんだ!と思い出しまして、さっそく人生初の日サロに行って見ました。初心者という事で、弱火の短めでいきました。見た感じ全く焼けませんでしたが、夜になると背中がヒリヒリしてなかなか寝付けませんでした。

またいきます。

塩見


耐久撮影

日曜日はイベントでした。

ナンバーワンサマーフェスタ。

120チームが参加したダンス&ダブルダッチコンテスト。

僕は撮影隊。

10時間ぶっ続けで撮影し、2kg体重が落ちました。

こういう耐久撮影の時は、バイクレース八時間耐久、通称8耐を思い出します。

あれの撮影は過酷でしたんで、それと比べると、大概の撮影は楽です。


8耐よりもっと過酷だったのは、ヒマラヤの撮影です。

高山病やらなんやらで、しんどいのを通り越して、気持ち良くなって来て、空から星が舞い降りてキラキラ光っていました。

あの光の先になにがあったのだろうかと今でも思います。

……………
塩見多一郎

鼻腔を広げます!






最近、夕方になると鼻腔がつまり、頭痛が発生してくるので、久しぶりにブリーズライトを買ってみました。

鼻に貼って鼻腔を広げるやつです。貼った瞬間、明らかに鼻の通りが良くなります。

一時期、スポーツ選手がよくしていて、流行っていましたが、最近はあまり見かけないですね。


あと、薬局でチョコラBBを買いました。疲労回復にいいらしいです。


以前病院の待ち合い室で、前の席のおじいちゃんが熱心に人に薦めていたのを聞いて、その会話に全く関係なかった僕が買ってしまったというわけです。

口コミとは恐ろしいものです。



……………
塩見多一郎


エミルールを守れるよう頑張るぞ!






スタジオの小学四年生の女の子エミルが、夏休みの目標にと書いていたものを、僕にも同じものを書いてくれと頼んで、書いてもらったエミルール。

このルールが守れれば、僕はもう少し人間的な生活ができるはず!

ちなみに、お茶、水を飲むという項目は、熱中症にならないよう、僕用に特別に付け加えてくれたものです。

……………
塩見多一郎


ロキソニン常備薬






ロキソニンという鎮痛剤は、これまでは医者でしか処方してもらえなかったそうですが、薬局で売り始めたと、薬局で薦められたので、三箱買いました。

バファリンは二錠飲みますが、ロキソニンは一錠でいいらしいので、間違えないように、との事でした。

僕は昔から偏頭痛持ちなんで、頭痛薬は常備薬なんです。

三箱買ったのは、常備薬として、自宅、実家、職場に置くためで、決して大量に飲んでやろうというわけではありません。(笑)



……………
塩見多一郎