ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


小さな偶然、小さな幸せ







イチローの事をツイートして、残り文字が51の表示。

ひとりで、おー、といってしまいました。

小さな偶然、小さな幸せ。


塩見多一郎


ダジャレでごまかしても、本当はさみしい。






本日は、11年間スタジオに通って、最近は事務の仕事も手伝ってくれていたTsukasaが就職引退ということでした。

小学生の頃から見ていた子が、もう就職で引退とは、嬉しいようなさみしいような。

カレー屋で餞別を何にするか考えた所、レジにあったギフト用カレーを見てピンと来ました。


おつカレーさま!


ということで、これをTsukasaに渡す時、三回も、


おつカレーさま!

といってしまいました。

いいたいだけやん!


と思うかもしれませんが、ほんとうはさみしいのです。


塩見



シューマッハだって車酔いする!







一昨日は、映像屋のくせに人一倍画面酔いのひどい自分に自己嫌悪だったのですが、

今日、ミハイル・シューマッハが車酔いするという記事を見て、自信がつきました。

ちなみに彼と同じ年の生まれどす。

塩見多一郎


風邪薬を飲みすぎて、したを噛む






風邪薬を少し多めに飲みまして、よく効いた代わりに、今日は三回も舌を噛んでしまいました。


塩見多一郎


戦士に休息はない。






昨日放送されたB-TRIBE TV は僕にとって、感慨深かったです。

通常納品に加え、シーズン変わりの OP & ED チェンジ + アナログサイズから地デジサイズへの乗り換え + 一年最大のイベント:オープニング映像

と一つでも大変なものが、重なって来て、

まぁこれを乗り切れば自分は成長できるのだと言い聞かせ、怒涛の撮影スピード、怒涛の編集スピードで、作り上げました。

その、番組オープニング、イベントオープニング、番組エンディング、が地デジのハイビジョン高画質で一挙に放送され、泣くほど嬉しかったです。


いろいろ内外から悪く言われることもありますが、僕は僕に与えられた条件と環境内で、ベスト以上のものを出している自信があります。

もちろん、自分一人ではなく、協力してくれる皆さんのおかげです。

ありがたい事です。

忙しすぎてなかなか実家に帰れない事が心痛いですが。



今日は今日でまた次(の次)の放送分納品日なので頑張ります。

戦士に休息はない。

僕は自分の事を映像作家と呼びたいのですが、

最近は映像戦士という方が合っている気がして来ました。


塩見


バタフライで撮影!

00173F.jpg

本日(昨日ですが)の撮影も無事終了。どんな絵になっているかお楽しみに!

今日の名言







なし!。


シオミ

重さは変わる

前回からのつづき。

デジタルの二択が0か1であることに対し、人間(アナログ)の二択は天秤(てんびん)である。

というのも、天秤によって計れる重さも違うし、時により釣り合ってしまう事もあるという曖昧さが、やはり人間らしいと思うのです。


ところで、鉄1kgと綿1kgはどちらが重いか?

というクイズがありますが、これは両方とも1kgなので天秤にかけると釣り合います。


でもその時釣り合ったものを、何日か後に同じ様に天秤に乗せても、釣り合うかどうかは分かりません。

空気が乾燥していたら、綿の水分が抜けて軽くなるでしょうし、湿気ていたら空気中の水分を綿が吸って重くなるので、天秤は傾いてしまうでしょう。

ようするに、状況はどんどん変化するので、デジタルのように一度出た結果が永遠ではない、という事です。

鉄だって長い時間がかかれば錆びますし。


絶対的な重さを誇ったもの、何と天秤にかけても絶対に勝ったもの、

が、

ある時期からその重みが次第に軽くなり、必ずしも絶対的なものではなくなる事もあります。


プライド、ポリシー、好きな人…

経験値から変化するものもあれば、体力で変わるものもありますね。


20m先の青の点滅信号。昔ならダッシュで渡り切りましたが、今はそのダッシュがしんどいので、次の信号を待ちます。

少しでも早く目的地へ!

という重りは、若い頃よりは軽くなっています。


つづく

………………
塩見多一郎

てんびんの二択で人は進む






デジタル世界は、0か1で決まります。

複雑に見えるものも、実は二択の繰り返しで構成されています。

人間はアナログだと言われますしぼくもそう思いますが、基本は二択という点は、デジタルと同じだと思っています。


目の前にはてんびんがあり、そこに乗せた何かの、少しでも重い方を選択して前に進むのです。


自制と快楽、仕事と遊び、リスクと安全、うどんとそば。

様々な重りが目の前に現れ、そのつどてんびんにかけます。


例えば自動販売機に10個の飲み物があるとして、これは十択のように感じますが、実は何度かの二択を瞬時に行なって、最後の一本を選択しています。

ホットorコールド、ジュースorNot、水or茶、炭酸orNot、そういった感じの二択の繰り返しで最終決定します。


ということで、どういうてんびんに、どういう重りを乗せて来たかで、その人の人柄というか、生きる方針がわかります。

そして、この次どういう選択を行うか、ある程度予想できると思います。

つづく

塩見



先天的才能と記憶力は直結している

僕の身の回りにいる人で例に取ると、

あの旅行でいった、あの小さな店に入った時に流れていたBGMはあんなんだった。

とか、

何年も前の、どこどこの発表会でだれだれのクラスが使っていた曲はどんなんだった。

とかいう記憶力を持ってる人は、やはり音楽的才能があると思います。

才能があるからといって、その人が環境的に音楽の実力を伸ばせているかどうかは別です。

とにかく、先天的才能があることは事実です。


30年前、あのテーマパークで、何十分待ちをしている時に、モニターで流れていた映像はあんなんだった。

とか、

20年前、見に行った映画の、始まる前の他の映画の予告編映像はこんなんだった。

とか。

あきらかに映像的才能がありますね。これは僕ですが。


なんしか、エロいことばかり覚えている人は、エロの才能がありますし、味のことばかり覚えている人は味の才能があります。


学校の勉強のことはまるっきり覚えないけど、自分の興味のある分野に関しては異様に記憶力がいい。

とか、

何十回言っても、全く覚えないわりに、何年も前に言ったほんのささいな一言を覚えている。

とか。

そんなところから、その人の持って生まれた才能が測り知れると思うのです。


才能を伸ばせるか否か。

本人の自覚もさることながら、保護者、教育者、指導者、上司、リーダーらに課せられた責任は大きい。


ちなみに、人の才能を細かに見抜いて、しかもよく覚えている人は、指導者の才能があると思います。


塩見多一郎
………………

才能は、記憶力で測れる

人の才能は測りにくいものですが、


その人に、どんな才能があるか?


その人の記憶力をたどればおのずと答えが出ると、分かりました。

その人が一番覚えていること。

忘れられないこと。

そこにその人の才能が隠されている。


そう、今日、思いました。


ナチュラル

ボーン

○○。


ひとはおおかれすくなかれ、記憶を追いかけて生きます。


覚えていること、それが、その人の本能的興味、そして持って生まれた才能です。


塩見多一郎

スルーされたボケも、またいとしき






今日、事務所で、

あけましておめでとうのYくんが、


「正月はずっと寝込んでましたよ~」

といったので、僕はわざと少しボケて、

「何、煮込んでたん?」

と返しました。


しかしいつもはボケが大好きなY君が、その時ばかりは本気で、

「いや、煮込んでたんではなく、寝込んでたんです。」

と返して来ました。


うーむ、確かに、寝込んでボケ返しも出来なくなったか…。

まあ、いいです。

スルーされたボケも、またいとしき。

ということで。


塩見多一郎

勝つ快感を知っているひとは、そのための苦労を苦としない






去年の宿題、ハワイツアー(6月実施)のDVD、20人分を正月休みに完成させました!

TVの制作で時間が取れなくて、去年の元旦以来のお休みを利用して作ったというわけでござい。


さて、もう一つ残された宿題、B-TRIBE TV のホームページを作る!も、新しいソフトを買って三ヶ月後の今日、ようやくとりかかり始めました。

が、以前使っていたソフトが廃止、乗り替えた新しいソフトは難しくてちんぷんかんぷんです。一から覚えなきゃならない…。

時間の無駄?

いまさら苦労して覚える必要ある?


いや、やります。今の時代、ホームページは絶対必要なんです。


そして今まで何度も、新しいソフトに挑戦し、最初は投げ出したい状況もあれど、結局は使いこなしてものづくりを続けて来ました。


今のソフトも、今はちんぷんかんぷんデスが、必ず乗り越えると確信しとりますし、そのための時間は無駄とは思わないのです。


勝つ快感を知っているひとは、そのための苦労を苦としない


スポーツと比べると映像関係の勝ち負けは分かりにくいですが、要するに自分に勝つ、ということですね。

自分なりの目標を達成した時の快感は、なにものにもかえがたいです。


それを自己満足と揶揄する人にかまっていては、結局何もできないですし。


塩見多一郎



抵抗する気力があることは、ないよりいい。






新年あけましておめでとうございます!


2011今年の目標。

TV制作引き続き頑張る。

痩せる。

部屋を整理する。


ちなみに、痩せるという目標はここ10数年、毎年のように目標として掲げつつ…。


いちおうはまだ抵抗してみます(笑)

抵抗する気力があることは、ないよりいいと思います。


塩見多一郎