ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


昇騰

電車で読んでいた太宰治の随筆のなかに、

今の自分にずしっと来る一説があったのでメモ代わりに書き留めておくよダイアン。


『芸術は常に一の拘束の結果であります。芸術が自由であれば、それだけ高く昇騰すると信じることは、凧のあがるのを阻むのは、その糸だと信ずることであります。
大芸術家とは、束縛に鼓舞され、障害が踏切台となる者であります。』


僕が現在週100時間近くを捧げるテレビの制作は芸術とはほど遠い内容ですが、芸術はさておき少しでもいいものを作りたいという願いのもと、現状の束縛や障害は耐えうるにギリギリの線だと考えていました。でも実はそれらは自分をより昇騰させる大きなチャンスなのだと思えました。


どう思う?ダイアン。



ちなみに前出の言葉は、太宰治の言葉ではなく、太宰治が随筆内で引用して批判した言葉です。それは結果論であると。

結果論であろうとなかろうと、今の僕に束縛と障害がある限り、それを信じた方が物事前向きに進みやすいと考えたまでのことです。


何事も取捨選択です。自分がいいと思うから、それがそのままダイアンにも当てはまるとは思えません。

また今度、意見を聞かせてな。

ダイアン、今日は珍しく、

撮影もイベントもない日曜日で、

久しぶりにフワッとした気分です。

でも、やらなければいけないことは山のようにあるので、

元旦以来の無休状態は続きます。


実家に帰れないことが辛い。

親不孝の罪を感じます。



昨日は、朝から仕事で保育園さんの学芸会撮影。


その保育園さんは、ビデオ撮影、写真撮影、一切禁止。


理由は、子供達の生の姿をしっかりまぶたに焼き付けて欲しいから。
(園長先生談)

ということで、写真に関しては、保育士さんが責任を持って園児さんを漏
らさず撮る。

ビデオはプロに任せる。


ということで、責任重大、ヤル気も出ました。


でも、僕のポリシーでは、

制作費や環境のいかんにかかわらず、

やると決めたら全力を注ぐ。


なので、



保護者のビデオカメラやデジカメがひしめき合う発表会で、かつ販売した
DVDが勝手にコピー、コピーされて、実売数が全く伸びないことが分かっ
ている現場でも、仕事を受けたからにはやるだけはやります。

そうしないと子供が可愛そう。


子供には罪がない。


そう思いませんか?ダイアン。


チェック

昨晩のオンエアチェックで思ったけど、

画像の明度、輝度、彩度、めちゃくちゃでんなぁ。

音質、音量、めちゃくちゃでんなぁ。

技術的には、もうただ、お恥ずかしい。


とにかく、見る人が思う以上に、

僕らには数多くの制約があるので、

それをどう乗り越えて行くか、

課題ですよ、ダイアン。

言いだすとキリがないので、

本当にキリがないので、

まあ、あまり悩まず


フンバルクイナ


で行きます。

フンバルクイナ

今週も、怒涛の忙しさですよダイアン。

毎週やってくるテレビの〆切の次の日には、

保育園さんの学芸会撮影。

テレビだけでもかつかつなので

スケジュール的に断ってもいい仕事だったけど

今の事業部を安定させるためには

もっと投資が必要だし

踏ん張って悔いのないようにしないとナ。

フンバルクイナ



ところで、ダイアンにすすめられた

カルビーのポテチの

うすしおとコンソメパンチを

半分ずつ食べたところで同じ袋に混ぜてしまい

がさがさっと振って

次からどっちの味が口に入るか分からない

というあのスリルはなかなか面白かったよ。


僕がすすめた

カップヌードルに食卓レモンとトマトジュースを入れて、

更にハッシュドポテトを浸して食べて、

残った汁に

カリカリ梅のおにぎりを

ガチャ混ぜて食べるというのは試してくれた?


怒鳴る

本日の撮影にご協力頂いた皆様、

ありがとうございました。

超ハードスケジュールの中、

無事時間どおりおわれました。


途中、怒鳴ってしまうシーンもありましたが、

ご愛嬌ということでお許し下さい。



撮影が終われば編集です。

編集が終われば企画です。

企画が終われば撮影です。

撮影が終われば編集です。

編集が終われば企画です。

企画が終われば撮影です。

十回繰り返す。



そういえば、まだ今年に入って一回も映画を見ていない。

スピード

金曜午前の納品を目標にしつつ、

土曜になってしまったよ、ダイアン。


納品してホットしたのもつかの間、


明日の撮影用の台本制作と、

素材準備が

鬼のような形相で待っている。


なんとか今日の日付中に仕上げたい!


時間があれば誰だってできる。

プロはスピードが命なのだ!


とか、いってみる。

がんばらなくちゃ




納品日前の木曜日は、

オンエアチェックも忘れそうになるくらいの忙しさ。

まあ、こんな手紙をMacにはったりなんかして

がんばるのであった。



エースと四番

昨日は嫌な夢を見てしまったよ、ダイアン。

最も嫌な夢というのは、

ゾンビにかじられる夢ではなく、

ジョーズに喰われる夢でもなく、

仕事の現場でピンチに立たされ、

脂汗を流すという、

夢とも現実ともつかない心底疲れる夢でしょう。




夢の中で…



僕はある高校野球チームの専属テレビマンです。

で、試合をテレビ中継することになったのですが、

ピッチャーのA君と

キャッチャーのB君はテレビに

映してはならない!

ということになりました。


二人とも才能ある子だから試合にはだす。

そして、後の資料映像に使えるから、

ばっちり撮影はする。

でも、分けあって現在はテレビNGの子だから、

全く映らないように編集しなくてはならない。


と、そういうわけです。


その子らは打席に立てば四番、五番級ですが、

ヒットを打とうが、ホームランを打とうが、

映せないんです。


それでいて試合をしっかり放送しなければならないという、

無理難題もんです。

かぜだいざえもんです。


サッカーでいったら2トップを映すな、

バレーでいったらプリマを映すな、

ってことです。


なぜ、夢の話を、そんなにくどくど書くかって?


それはまた会った時にでも話しますよ、

ダイアン。


バトルとバレンタイン

filename*=iso-2022-jp1B24B3CL3F3F1B28B


バトル参加者の皆様、おつかれさまでした。

バトルとバレンタインが重なって、なんやてんやわんやなってましたが

楽しかったです。


本日チョコくれはった皆様、

僕は非常に感動しております。


さて、バトルが終わった後も、僕の仕事は終わらず、


テレビともバトルとも関係ないお仕事が2件と、

明日の撮影用の台本を書かねば、今日中に。


とにかく今日中に終わらせなければ、

明日からテレビにかかれない。


週、百時間近くをテレビに捧げつつ、

別件の仕事もしなければならず、

スポーツミーハーのこの僕が、

サッカーもボクシングも、

そしてついに始まったオリンピックもまったく見られません。


結果だけ見て我慢します。


  。

癒し!

本日(昨日)、

毎回熱心に番組を見てくれている、

小学二年のMKちゃんが、

A2が、イェ~っていうところの文字が、

いつもピンク色や、

と、指摘されました。


ピンク色嫌い?

って聞いたら、ピンクはピンクで好きやけど、

いつも同じ色じゃなくて、毎回変えた方がいい

っていわれました。



うん、ぜったいそうする。


もう、すでに、第8回放送分までは納品してしもたから、

第9回から、色変える!

それまで待ってな。



毎週土曜日には、

このMKちゃんに癒されとるんよ、

ダイアン。



あと、今日、


一日早いですけど、

ってチョコくれたお二人さん、


仕事でかなりカッカしていた時だったので、

超、超、癒されました。

ありがとうの二乗。

必ず三倍以上で返します!


催促しとる訳ではないよ、ダイアン。


フリスク

うちの大将はフリスクが好物で、

どこなと食べてはどこなとポロポロこぼすのです。


ほりっぱなしのフリスクが、あちこちに落ちているので、

掃除の時イライラします。


昨日また、職場にフリスクが落ちていたので

拾ってゴミ箱に入れようとしたらそれは

フリスクではなく、パンチ穴のカスでした。


似たような大きさと形で、

落ちているものは拾い上げて見ないと

まるで見分けがつきません。



とすると、今までフリスクだと思って

掃除機で吸っていたものも、

実はパンチ穴のカスだったかもしれませんね。


邪推は怖いという話ですよ、ダイアン。

スタッフロール

ダイアンへ

いつも番組を見てくれてありがとう。

昨晩、無事第6回放送が終わり、

第一クールも折り返し点という感じです。


昨日電話でダイアンに指摘された、

スタッフロールが不自然だという疑問…。

確かにそうやね。

あのスタッフロールには技術系の名前が全くない。



まぁ、

恥ずかしがりやさんということにしといてください。


まともにスタッフロールを作ると、

同じ名前が10個くらい出て来てしまうという、

ローカル番組ならではの特色が理由ですね。


あと、全く番組制作にかかわってなくても名前があったり、


ボランティアで一生懸命手伝ってくれたのに、

名前がないとか。


いろいろ事情もあります。


事情の二乗で、複雑怪奇!



まあ、


昔いた現場では、

ほとんど働かない名前だけのスタッフに高額なギャラが支払われ、真に番
組を作るスタッフの賃金が削られるという、天下り的理不尽なパターンも
ありましたから、それを考えると今の番組は一部の恥ずかしがり屋さん以
外全員ボランティアですから、健全といえると思います。

話がそれたけど、

そんな感じです、ダイアン。

じゃあまた。

今日のため息

絵の展覧会にいきたいです。

最高級の芸術を、一日ぼうっと一人で眺めていたいです。


最近全然行けてません。


音楽というのはねぇ、

エゴが強いんです。


絵というのはねぇ、

見る人の心を映すんです。


そう思いませんか? ダイアン。



今、すごく見たい絵があるんです。


その絵が見たいというよりも、

その絵を見て自分がどう感じるか知りたいんです。

その感じ方よって、今の自分がどんなだか、

知れると思うんです。


でもその絵はフランスに行かないと見られないので、


思いだけを馳せておきます。



マグロ!

??.jpg


おいしいマグロがあるとのエサに釣られ、

撮影後、久々に実家へ。

自分の中では全くの意識外でしたが、

僕が実家に帰るのは元旦以来だそうです。

つうか、元旦以来無休やしね。

忙しさにかまけて、わずか一時間で帰れる、

要介護の父のいる実家に帰らないとは、

まさに、親不孝の典型。


実家に帰るとその時間、

仕事が完全にストップするので、

帰るに帰れない事情があります。


でも今日、ノートパソコンで番組の一部を編集できる環境を作りました。

今までは、ノートパソコンは台本などの

テキスト系でしか使ってなかったのですが、

編集にも使えるとなると、ますます機動力アップです!


会社にいないときも仕事をしているこの影の努力…


ふふふ。影の努力…。


そしてそれをブログに書いてしまう人としてのせこさ。

男としての器の小ささ…


全然、影の努力になっとらんですやん。


こういう人をたしなめる言葉が、

孔子の論語にありましたよね。



忘れましたけど…。


それはそうと、

マグロ、とても美味しゅうございました。

一歩前進

本日の収録にご協力いただいた皆様、

ありがとうございました!


僕の持論では、

出演者が批判を受けたら、

それは演出家の責任。

です。


今日は新しい演出パターンを試し、

出演者もそれに応えてくれたので、

一歩前進とします。


具体的な指示。

撮影のみならず、今後もこの言葉を自分に言い聞かせたいです。


と、同時に、指示を与える相手の許容範囲がどの位なのか、

見定める必要がありますね。


孫子の言葉にもあったと思います。

忘れましたけど…。

コケドジョウ

今日も夢を見ましたよ、ダイアン。

とんねるずの石橋さんとタクシーに乗っていて、

僕はジャーマネという設定ぽい。

で、

どこか駐車場を探していて迷い、

道を聞きに車を降りた所の小川に、

何とあの天然記念物のコケドジョウがいたんです。


しかも、50センチ級のが一匹と、

1メートル級のが一匹ずついたんです。

ええ感じのコケのむし具合で、

そのわびさび感は、さすが

東山文化の象徴ともいわれる魚だけありました。


通常は10センチでも大きい、

といわれるコケドジョウの1m級ですから、

テレビ取材も集まっていて、

僕も興奮して写メを撮りまくっていたら、

石橋さんが来て、

遅い!

といってどつかれました。




という感じです。

また、夢判断、よろしくね、ダイアン。



ちなみにコケドジョウというのは、

夢の中で僕が作り上げた架空のドジョウです。

逆立ち

昨日は嫌な夢をみましたよ、ダイアン。

なぜか僕がブレイクダンスのレッスンを受けていて、

フリチンで逆立ちをさせられるという夢でした。

僕はその時ものすごいGがでていて、

逆立ちするとそれがみんなに丸見えになるから、

反対向いて逆立ちしたいけど、

そうすると今度はチ◯チ◯が丸見えになるし、

あぁ、

Gを見られるかチ◯チ◯を見られるか、


冷汗かきながら悩んでいる、


という夢でした。


ダイアンは心理的夢判断が得意でしたよね。


この夢から僕のどんな深層心理が探れるのか、

今度会った時、教えてね。

じゃあ今日はこのへんで。


今晩どんな夢を見るのか、

怖いような、

楽しみなような…。

タイムマシン

今、納品態勢のものは、

2月18日放送のものですから、

もう今月も半分以上過ぎたような錯覚におちいっていましたが、

まだ、節分が終ったばかりでしたね。


ラッキー!


脳内タイムマシンはいい。



この感覚を味わえる人は

そうそうはいまい。

YMT

昨晩は遅めの新年会でした。

いろいろといいブレスト会になりました。


その会は単なるブレストに終わらないところが

すごいのですが、

僕はテレビという舞台を与えられているので

しっかり足元をみてやっていきたいです。


あと、後輩のYが、先輩からの質問に対して

あまりにもどかしい答え方をするので


お前はつまらん男やな


とのたまわってしまいました。


酔っていたとはいえ


人のことをつまらんといえるほど


僕はつまる男でもないので

そこは猛省。

Yよゴメン!

君の長所もたくさん知っているから

今度会った時は褒めちぎります。


ちなみに、このスタジオインストには、なぜか頭文字

Y



M



T

が多いです。

インスト30人強で、

T=8人、Y=7人、M=5人ですから

ずいぶんかたよっているといえましょう。


何か関連性があるんでしょうか?


また暇な時に考えよう。

暇な時は当分なさそう。

だって…

スタジオの生徒さん

小学二年生のMKちゃんは

僕のことをいつも

カメカメラさん

とよびます。

この子は毎週夜12時まで起きて番組を見てくれています。


先日思わず

ありがとうな

といってしまったら、それを聞いていた親御さんが

ありがとうとか言わんとってください

夜更かしなんですから

と笑いながらいっていました。


僕も思い直して

そやな、学校もあるし夜はちゃんと寝なあかんな

というとMKちゃんはこういいました。



だって…おもしろいんやもん




昔子どもの頃

だって…

って言葉を使うと親に怒られました。


でもこの時ばかりは、

だって…

が光り輝く希望の言葉に思えました。



いや、あかんあかん


やっぱり寝なさい。

立場上、そうしかいえん。


ありがとうは心の中でいいます。


・・・・・ 。

誉れ

BTTVでアシスタントナビをつとめてくれている

中一のAKRちゃんに、

学校での反応どう?

って聞いたら、

担任の先生が毎回ビデオに録って見てくれているそうで、

教え子がテレビで活躍しているのは、

教師にとって誉れだ。

と、いってくれたそうです。


たとえ元旦以来、休みが取れなくても、

嫌なこと面倒なこといっぱいあっても、

ストレスやプレッシャーに押しつぶされそうになっても、

そういう話一つで生き返ります!


そういう話を肴に、

今日も晩酌して寝ます。

ゴージャスな週末

週末は、

保護者説明会、

自宅売却見学者来宅、

進呈用DVDづくり、

イベント撮影、

打合わせ、

編集、

といった感じでした。


あと、久々に家に連泊したので、
たまっていた「うぇるかめ」を
二十話ぶんくらい見たった!


今日からはまた泊りかな、と。