ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


ニジマス

ニジマスの塩焼き

先日の一泊旅行の帰りの車の中のことですが、父親がかすれる声で何度も、僕が京都から篠山まで来た電車の運賃を訪ねました。父は病気のせいで滑舌が非常に悪いので、あまり聞き取れないのですが、要約するとこうです。僕が京都から篠山口までどのようなルートで来たか?料金はいくらかかったか?特急料金はいくらかかったか?特急と通常列車の時間の差はどれくらいか?結局特急料金は時間何円分の価値があるのか?といったところです。

僕は車の運転中ですし、そういう金銭がらみのことに無頓着な方なので、あまりにしつこく父が聞くので少しイライラしました。それよりも僕が気がかりだったのは、ニジマスのことです。昼間姪っ子のKちゃんと釣り堀で釣りをしまして、彼女は4匹のニジマスを釣りました。(僕は坊主(汗))。で、ルール上、持ち帰れる魚は2匹なので、イケスの中の4匹のうち2匹はリリースするわけです。持ち帰るのは大きい二匹、家で塩焼きにして食べます。イケスをガーッと水中から陸へ引き上げて、一瞬で大きいものを選びましたが、ぬるぬるしてうまくつかめず、袋に取り分けるまでに少し時間がかかりました。で、残った二匹のうち一匹をつかんで、リリースする時は水に放り投げてはいけませんから、手ごと水につけてゆっくり放して、で、残りの一匹もそうした時には、元気なく水の中でよれていました。あのよろよろと沈んで行く姿が忘れられません。僕は基本的に生き物を殺すのが嫌いですが、業も理解しているので自分が生きるためには殺します。だから大きい二匹に死んでいただく分には感謝して食べさせてもらいますし、運命だと思いますが、小さい二匹のとくにリリース二匹目が死んでしまうのは心が痛んでなりません。そもそも僕が大きいものを選んで袋に入れるより、リリースするものを先にしておけば、いくらかましだったわけです。大きい方を先に選ぶのも、小さい方を先に選ぶのも、手元に残る食べる用の魚は一緒ですが、どちらから選ぶかでリリースされる側の生命力は極端に変わってしまいます。自分のうっかりミスで、尊い命を無駄に無くすというのには、心が締め付けられますし、僕はそういうことを結構引きずる方なのですが、父親はニジマスの一匹や二匹が死のうが生きようが、ぜんぜん気にしないタイプです。

だから僕がニジマスの生命に関して真剣に思い悩んでいる時に、電車運賃の特か損かを真剣に訪ねてくる父親がうっとうしくてしようがなかったのですが、親子でもこれだけ思考回路が違うというのは珍しいんでしょうか?よくあることなんでしょうか?

 

グレムリンズ

ボタン鍋


昨日は久しぶりにファミリー11人がそろって泊まりがけの旅行でした。

近場ですが丹波篠山でイノシシ…ボタン鍋でした。

ボタン鍋は久しぶりでした。ので、煮れば煮るほど柔らかくなるという性質をすっかり忘れていましたね。もともと、20年ほど前、僕が生まれて初めて得た給料で、両親にご馳走したのがボタン鍋だったので、親孝行の象徴のような食べ物なわけです。去年はカニをごちそうしましたが、今年は原点に返りボタン鍋…と思って発案したのですが、ギャラ日が間に合わず両親に払わすはめに…あんぽんたん。

ユニトピア篠山という施設で、完全バリアフリーで気持ちよかったです。体調の都合で温泉などは楽しめませんでしたが(風呂より睡眠を優先)、つりぼり、パターゴルフ、アスレチックなども充実していました。

それにしても小学生以下の子供が4人そろうとまさにグレムリン状態です。グレムリンの作者は、親戚の会で集まった子供たちを見て原案を思い立ったと確信しました。

カラオケで甥っ子が歌ったドレミの歌の歌詞はこんな感じです。

ドーはドーナツのドー
レーはウンチのレー
ミーはみんなのミー
ファーはウンチのファー
ソーはウンチのソー
ラーはウンチのラー
シーはウンチのシー
さぁウ~ンチ~だ~よ~


わけわかりません。

 

大そうじ

本日はスタジオの大そうじでしたが、僕は体調不良のためほぼ不参加。ちょろっと顔出して、やり残しの仕事をすこしして、ちょとはそうじしようとして逆に汚した感じになったのでやめて、まぁスタジオの掃除は毎日やっているので許してもらうとして、本当に忙しくなったここ一週間はしていませんが、いずれにせよ皆が寒い中かじかむ手をこすりながら一生懸命掃除する様をみて心温まりました、ありがとう。


今は兵庫県の篠山に向かっています。久々に兄妹全員揃います。イノシシを食べて風邪をなおします!

撮影終了。

今日も無事スタジオ収録が終了しました。

スタッフのみなさん、出演者の皆さん、ありがとうございました。

僕は体調がすぐれず、ミスもありましたが、何とか修正きかせます。

年内の撮影はこれにて終了。

しばらくは編集三昧です。

TheGOLD

日付変わりましたが、本日は、ダブルダッチのイベント TheGOLDの撮影に行って来ました。

普段、alttypeがスタジオで練習している様子や、イベント運営のための地道な作業を繰り返しているのを知っているので、最後に彼らのショーを見た時は感動しました。

今後も色んな形でサポートしていけたらいいな、と思いました。


そしてレポーター役のU18の面々もありがとう。撮っていて思ったけど、みんな肌がキレイ!
今は僕のカメラはノーマルやけど、ハイビジョンにも充分耐えられる肌のツヤ!
早くハイビジョンに対応したいな!と、U18を撮っていて思ったのでした。


あと、とある学生さんに今後テレビのレポーターのお手伝いをしてもらうことになったのですが、その話をするさい、ちょうどご家族のかたもおられて、その期待と不安の表情を見ていると、人一人テレビに出てもらうには、大きな責任が生じるんだと、改めて感じました。



さて、明日(今日)も撮影です。
ぼく、皆に集合時間言ったかな?
いった気もするしいってない気もする。
あぁ毎度段取り悪い。台本が出来てるだけ、ぜんかいよりましか…

ネクストゲート

昨日は、ネクストゲートという、ダンススタジオの大発表会でした。

撮影に関しては毎度のことながら、あぁすればよかった、こうすればよかった、と、反省点ばかりですが、とりあえず編集頑張ります。

撮影に協力いただいた皆様、ありがとうございました!


一大イベントを終えて一山越えた感はありますが、日曜までにテレビの完パケ編集、スタジオ収録の台本・撮影、DVD制作作業など、息をつかせぬ怒涛の攻撃がありますので、気をぬかずやります!

そして、昨日の打ち上げ飲み会であることを再認識し、来年の目標を決めました。

『謙虚』

です。

テレビ作りに携わるものは、ついちやほやされて勘違いを起こしてしまいがちなんですが、そうやって有頂天になったテレビマンは見苦しいので、あくまで謙虚に、自分の目的は子供や若い人に夢や希望を持ってもらうことだと自分にいいきかせながらやっていきたいです。

塩見

長谷川穂積V10生観戦

filename*=iso-2022-jp1B24B3CL3F3F1B28B

昨日は夕方4時頃仕事を切り上げまして、神戸までボクシング長谷川穂積選手の世界戦を観に行ってきました。

イベントオープニング映像制作、テレビ番組制作、撮影台本準備など忙殺状態の中ボクシング観戦というのもどうかと思いましたが、そもそもこのチケットを買ったのには理由があります。先々月東京でプロのファッションモデルさんを相手に仕事をしたときに、やはりプロのスキルはすごいなぁと感銘を受けたのです。最近の仕事は、スタッフも被写体もアマチュアが多いですから、それはそれで楽しいし、勉強になることも多いですが、やはりプロの、それもプロ中のプロの技を見ておかなければ自分の感性も技術も鈍ってしまうと考えました。ちょうどそんなときに長谷川選手のチケット予約が始まったので、その時期は忙しくなるとわかっていましたが、あえて買ったわけです。


で、試合の方ですが、結果はご存知の通り4回KO、V10という具志堅用高に次ぐ日本人歴代二位の記録を打ち立てました。

僕が買ったのはリングサイド3万円の席で、一般に買える席では最前列でした。実際は記者席、招待席などあるため、まえから6、7列目。リング中央まで10メートルといった場所で見ました。


長谷川選手はここ何試合か1RKOが続いてますから、もう最初から瞬きせずに見ました(笑)。まず、長谷川選手のスピードに圧倒されます。パンチのスピードもさることながら、避ける時の反射神経が見ていてしびれました。

また、パンチが柔らかいというイメージを受けました。普通、パンチを何か武器に例えるなら、日本刀、ナタ、斧、サーベル、などがあげられますが、長谷川選手の場合はよくしなるムチ、というイメージでした。手をぶらんぶらんとさせ非常に柔らかい状態から、一瞬の隙に針のように突く。という感じです。フライフィッシングにも似ている気がしました。

で、最初にも感じたように、スピードが尋常ではないです。しなって、ふわふわした状態を見せられている分、よけいにスピードを感じるのかもしれません。ゆったりしたフォームから、糸を引くような速球を投げる日本ハムのダルビッシュ投手的なイメージです。そして恥ずかしながら、最後のフィニッシュブローも、全く見えませんでした。確かにフィニッシュブローの時、僕の席はちょうど長谷川選手の背面になりましたから、パンチが見えにくかったのもありますが、とにかくパンチの回転が速すぎて、何が当たってKOになったのか、まったくわからなかったのです。

3万円も払って、KOパンチが速すぎて見えなかったって…。いやいや、長谷川選手のパンチは速すぎて見えない!ということが分かっただけで、3万円の価値があります。これはテレビで見ているとすぐにリプレイが流れたりして、あぁ、このパンチが効いたのか、って分かりますが、現場はあくまで何もかも一瞬ですぎて行くので、そのぶん集中力が必要だということもよく分かりました。
ちなみに、長谷川選手にKOされる選手はみな、糸の切れた操り人形のように倒れます。要するに、対峙している選手本人が長谷川選手のパンチが見えておらず、タンスの角に足の小指をぶつけた時異様に痛いのと同じで、意識外から飛んで来たパンチは見えていたパンチよりも効いてしまうのです。倒れた本人たちも、何を喰らって自分が倒れたのか分からないはずです。自分がKO負けしたことにも気づかぬまま、リングを降りて行ったかもしれません。昔の武士の時代、真の剣の達人と斬り合うと、自分が斬られたことにも気づかぬ、といいます。あまりにキレイに急所を斬られて、痛みも屈辱も感じぬまま絶命する…。そんな域に達しているのが長谷川穂積選手といえましょう。


生で見られて、本当によかったです。

ちなみに、試合後退場の時に、長谷川選手の体にタッチしました(笑)。ええそうです、スポーツミーハーです。

あと、テレビでよく見るあの奥さん、生で見ても美人でしたw。

 
 

昨晩の撮影

昨晩は、イベントオープニング映像の撮影でした。出演のNちゃん、Pちゃん(犬)、アシスタントのJとWちゃん、保護者さんと応援団のHちゃん、そしてご協力いただいた施設、店舗の皆様ありがとうございました!

テレビ番組の制作と平行しての作業なので、大変なのですが、インストのみんながガンばっているのも見ているので自分なりに気張りました。

今年のオープニングはインスト38人分の顔を見せたいとTB氏からいわれ、どう見せるか悩んだ結果、アナログチックに見せることにしました。


最近身の回りがどんどん近代化し、映像制作もデジタル処理が圧倒的に多くなってきたのですが、ここはあえて時代に逆行してアナログちっくに攻めました。

撮影準備に凝って、編集はシンプルに。


大事にしたいのは、映像をどうかっこうよくデジタル処理するかではなく、中身の人間性、です。



ということを自分にいい聞かせながらやっています。


塩見


ps、非常に寒い中の撮影だったので、どうか皆が風邪を引きませんように!

 

エンドロール

終電間近の地下鉄と阪急電車の乗り換えで20分も待つはめになったので、ノートパソコンで台本を書き始めましたが、いまいち乗らないのでiPhoneで電子小説を読み始めましたが、いまいち入り込めないのでブログでも書きます。

昨日やっとテレビ番組の第一回を完成させてマスターが出来たと思ったら、スタッフの一人、エンドロールにのせているJZの名前が一字間違っていることが発覚しました。誤字の天才、T氏にまたしてもやられました。でももうマスターは完成してしまったし手遅れです。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。JZは若手だし、番組制作に関わった時間もさほどではないのですが、やはり名前を載せたからには、ちゃんと表記しないと…。JZは笑って許してくれましたが、彼の親御さんがこの番組を見たらなんと思うでしょう?

大事な名前が間違われるような現場でわが息子は働いておるのか?


思い出します。

僕の名前が初めてテレビのエンドロールに出たのは22歳の頃です。東京でドキュメンタリー番組のAD(アシスタント・ディレクター)をやってまして、でもディレクターからは、「お前のような仕事のできないやつの名前はエンドロールに載せん」と宣言されていました。名前を載せるからには作品に対して責任が生じる。ほかのどのスタッフもプロで、責任を負うだけの技術を持っている。お前にはそれがないから名前は載せん、といわれました。まぁそういわれた後もまじめにやってましたら、最後の最後に、名前を載せてやる、といわれまして、泣きましたね。

例えば親戚一同に番組制作に関わった!と連絡したとして、エンドロールに名前が出なければ、ふ~ん、ほんとに関わったん?てなもんです。名前が出れば、うわぁほんまのほんまに、名前が出てる、テレビに名前が出てる!すごいなぁ、たいしたもんだ、みあげたもんだ、あっぱれ、あっぱれ、となるのです。テレビに名前が出るなんて、普通の人には一生あるかないかです。それほど重要なんです。


そんな重き、エンドロールの名前を間違ってしまったんで、まぁその現場そのものまでが軽く見られるわけですよ。あ~あ。



でも奇跡が起きました。

納品したはずのマスターに不備が見つかったのです。技術的なことなんで書いてもしようがないですがまぁ、ちょいとCM乗り換えのところにのりしろを付け忘れたということです。第一回目の納品なんでこういうミスは想定内でしたからショックはないです。で、マスターを作り直すことになったということは、JZの名前間違いも直せるということです。これで彼のご両親にも顔が立ちます。ほっ。

間違った記念に、間違った字を二ポイントほど大きく作り直したので、放送されたときに要チェック!

SO902iWP

filename*=iso-2022-jp1B24B3CL3F3F1B28B


本日、docomoから、ソフトバンクのiPhoneに、乗り替えました。

これで、自宅パソコンがアップル、会社パソコンがアップル、ノートパソコンがアップル、そして携帯もアップルと、リンゴマーク・フル装備となりました。


カードの請求が怖い…w


そもそもiPhoneを買おうと思ったのは、曲名検索アプリを使いたかったんです。
仕事の中で、どうしてもぱっと音楽の曲名が知りたい時がある…というか知らねばならぬ、報告せねばならぬ、提示せねばならぬので、手っ取り早く曲名を検索するために購入したという訳です。


これまで使って来たdocomoの携帯は、少し古いですが完全防水で、ハワイの海に浸けても、朽木の川に流してしまっても、壊れずにがんばってくれていたので、何も不満はなかったのですが、まだ使えるうちに乗り換えてしまって、すごく忍びない気持ちです。長風呂入る時とかもずっとつきあってくれてありがとう。


機械というのも人間と同じで、全く同じメーカーの全く同じ機種でも、生産の過程で出来、不出来が生じるというか、当たり外れが出るというか…。


その点、この子はめちゃくちゃ当たりでした!

落とそうが、海水につけようが、何をしても壊れないという点では、まさに、天才的なやつでした!



だからすごい好きでした。


でも別れなければならない、この辛さ…。


ありがとう、としかいえません。


もう鳴らない、もう着信のない、天才よさらば。







で、iPhoneのほうですがやっぱすごいですね。最先端です。



何がどうと説明するのも面倒くさくなるほど、もう、ただ一言、最先端です。



で、スタジオに来ていた一通りに見せびらかしたりして、で、帰り際にA2のAkariちゃんとAoiちゃんとU-18のWakanaちゃんとに見せびらかして、すごいですね!、なんていわれて、iPhone買って良かった!って思いました。


子供か。



おもちゃ手にしてはしゃぐ子供です、まったく。


そういえばもうすぐクリスマスですね!

 

水着



それにしても最近寒くなりましたね。


今朝、朝風呂からあがり洋服棚を探しましたがパンツがなく、最近忙しくて洗濯するまがなぃもんで、で、水着があったので水着はいて来ました。

競泳用のぴちっとしたやつです。



そういえば昔、中学の頃、水泳の授業がある日に面倒なので家から水着はいて登校したことあります。

水着の上に学生ズボンという非日常的な違和感が楽しかったです。

で、クラスに行くと、好きだったかわいぃあのこも今日は水着を着てきているという。

セーラー服の下は水着か!
と思うと妙に興奮して、午前の授業はまるで耳に入りませんでしたね。


さて、水泳の授業が終わり水着を着てきたのはいいものの替えのパンツを忘れて、仕方なくノーパンにズボン…

この非日常的な違和感を楽しみつつ、かわいぃあのこも…もしや???


そう考えると異様に興奮して、午後の授業はまるで耳に入りませんでしたね。



それにしても最近寒くなりましたね。

ロケ


日曜日の撮影にご協力いただいた皆様ありがとうございました。

特に、台本当日渡しで目一杯頑張ってくれた、まどふきコンビには感謝。


MDKちゃんはボーイッシュで、ダンスでも普段でも体を張ってガンガン前に出るタイプですが、意外と繊細で女の子らしい面も多々あります。山田花子のモノマネが上手で笑けます。

FKちゃんは、動くものには何にでも反応して飛び付くカエルみたいな性格ですが、人のいい優しい子です。芸としてコテコテのアニメ声を出せる萌え系キャラです。

二人とも、ふだんお喋りなだけあって、あまり噛まないので助かりました。

これからもどんどんプッシュしていきたい、愛すべきキャラです。



あと、ボランティアでずっとアシスタントについてくれた、元ダッチャーのTくんもありがとう。


段取りの悪いことを業界でアーパーといったりしますが、かなりのアーパー現場に長時間いてくれてありがとう。

今後改善できるよう、努力します!


塩見

多忙


一度いってみたいけど、恥ずかしくてなかなかいえない言葉ってありますよね。

今日はあえていいます。



ターボー、多忙…。



(汗)…恥ずかしいダジャレ!


まぁ、昨日朝の4時まで撮影にたちあってもらったにもかかわらず、今日もターボーは朝の10時から補講ですと。

僕の方は昼過ぎ出社の予定でしたが、スタッフから今日は休んだら?と、涙の出るような指示をいただき、自宅で明日収録用の台本書きに専念することになりました。

ゆっくり風呂につかりながらアイデアを練っています。といいつつブログを書いています(笑)。

今日、休養させてもらったぶん、明日からまた多忙の大将の負担を減らせるよう、がんばります!


便所掃除、モップはき、ゴミ捨て、ダンスレッスン&補講、スタジオ開拓、イベント関連、テレビ関連、ダンサーの人生相談、保護者の悩み相談、インストの人間関係修復、スタジオ騒音に関する近所の苦情受付け、そして朝の4時まで撮影の立ち会い…。

ストレス食いで太ってしまうのもうなずけますが、テレビのためにダイエットも始めたみたいで、昨日もクラブで酒をまったく飲みませんでした。



みんなもっとターボーを応援しよう!


人それぞれの考え方がありますから、摩擦で様々な問題が発生することは仕方ないと思います。
溜め込むとかえって悪化するので早めに大将に相談するのは大いにけっこうだと思います。

でもまずは、スタジオ内にゴミを散らかしたり、夜遅くにスタジオ外で大声を出したりはやめましょう。
人として最低限のマナーを守ることだけで、大将のストレスは減らせます。


スタジオが新しいことに挑戦するにつれ、いろいろ問題が出ることが予想されます。

スタジオに所属するものは、全員、ファミリーである…

という一致団結した考え方が、今後ますます必要になると僕は思います。

塩見

ワールド



今家に帰りました。朝の4時で~す。

クラブイベントの撮影に行ったので、こんな時間になりました。


ものすごいタトゥーをした恐そうな青年が、実際に会ってみるとものすごい腰の低い好青年で、でもステージに上がるとド迫力でかっこいい!

そんないい意味での人間三変化を見られてよかったです。


僕は今日、夕方から頭痛がひどく、夜11時ごろ事務所でクラシック音楽を聞きながら30分ほど横になりましたが治らず、この状態でバリバリのヒップホップのライブを撮りに行ったら頭痛を通りこして頭が爆発するのではないかと心配でしたが、クラブにいるうちに頭痛が治ってしまいました。

逆療法とでもいうのでしょうか?不思議なもんです。


今から一杯ひっかけて寝ます。


おやすみ

ふ~

 
はい、夜中の1時に帰宅して、今から少しMacBookで台本を書きます。

でも夜中に書いた台本というものは、夜中に書いたラブレターのような恥ずかしい仕上がりになることが多いので、ざっくり書いて仕上げはお昼間にしたいと思います。



ちなみにMacBookでどこかの無線につながったので、そのまま無線でブログを書いています。


いったい、最近のパソコンがどういう原理でこんな便利な感じになっているのかさっぱりわかりませんが、できるものはできるものとして受け入れて、前進したいと思います。

最終的に絶対忘れてはいけないことは、パソコンはあくまで道具であり、大事なのは人間性である…ということ。


はい。


 

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記