ブログ版 フットハットがゆく!
『フットハットがゆく!』はMK新聞連載中のエッセイです


ダイ・ハード4.0

DSC00634.jpg

昨日みて来たダイ・ハード4.0。
以下、ネタばれ部分あるので、映画まだ見てない人は読まないでね。


人にはいろいろ好みがあるので、これは単に僕の好みの話だが、たとえ悪役とはいえ、ヒーローと女性が本気で殺し合うシーンは見ていて気持ちよくなかった。おもわず、主人公よりも悪役を応援してしまった。
あと、サブキャラのハッカー青年が、イタリアサッカーのピルロに見えて仕方なく、顔も性格もあまり感情移入できなかった。あくまで好みの話なんですけど…。

僕の中ではやはり一番最初のダイ・ハードを越える続編はない。でも4.0は充分楽しめた。アクションシーンは迫力とアイデアに富んでいたし、ストーリーはマクレーン刑事が途中からジャック・バウアーに見えてくるくらい『24』にかぶる気もしたけど、とにかく遊園地気分で楽しめた。



過去に悪役を応援してしまった映画

『ブラックレイン』
主人公のニック刑事(マイケル・ダグラス)よりも、悪役の佐藤(松田優作)の方が圧倒的に格好よかった。最後のニックvs佐藤の格闘の時も、佐藤を応援していた。日本人なら誰でもそう思ったのでは?

『ジャッカルの日』
フランス大統領暗殺を企むジャッカル(エドワード・フォックス)…テロリストvs警察で悪者の方を応援してしまった。

『ゴッドファーザー1.2』
主人公マイケルもそのまわりのマフィアたちも、残忍極まりないし、復讐、殺人、汚職、偽善、悪の限りを尽くしているのに、それでも応援してしまうという…。

父の日

DSC00632K.jpg

土曜の夜に実家に帰った。

日曜、朝から屋根の鳥の巣残骸の除去作業。予想よりも根深くといに巣が作られており、3時間ほどかけてゴミ袋一杯のワラやらヒモやらを回収した。鳥の死骸も一つあった。おそらくよしきりの子。南無…

午後、京都に向かい糺の森(ただすのもり)から下鴨神社へ。写真は御手洗池(みたらしいけ)

午後6時、八瀬へいきお食事。最後は川で蛍をみて帰った。

ドジョウ。

P1030046.jpg

うちのドジョウ。
3匹いるが、この2匹が仲がいい。あとの一匹は若干引きこもり気味で一人ですみっこにいることが多い。

今日の昼ご飯 納豆スパゲッティ

P1030042.jpg

人様にはお勧めできないけど、時々作る

「納豆スパゲッティ」

麺と一緒に玉ねぎ1コ、ニンジン1本を茹でて、納豆2パック、卵1コ、だし汁、カラシを混ぜたものをかけて、仕上げに七味唐辛子…。

簡単にできてヘルシーだけど、美味しいかどうかはその人次第…。


大文字カレー

DSC00627.jpg

天気が良かったので大文字山に登った。

先日作ったカレーがお弁当。これをフランスパンですくって食べた。

野外で食べるカレーは最高だ。

しかし食べ過ぎて帰り道がしんどかった。


↓帰り道に見つけたトカゲ↓
DSC00626.jpg

DSC00624.jpg

昨日の晩ご飯

P1030036.jpg

実家からもらった大量の玉ねぎとスパゲティを消費すべく、

玉ねぎ充実カレー を作ってカレースパで食べた。

大量に作ったので、4、5日はカレーで持ちそう。

このカレーは日曜日に1日かけて作ったので、僕的にはかなりヒット作。

内容は、市販ルウ3種をミックス。
玉ねぎ(3コ)、ジャガイモ(4コ)、ニンジン(3本)、トマト(2コ)、キャベツ(1/6)、リンゴ(1コ)がとけ込んでいる。
肉は鶏肉2種+ソーセージ+ベーコン。
塩、黒こしょう、赤唐辛子、ニンニク、ショウガの他、ハチミツ、ステーキソース、赤ワイン、コーヒーが入っている。

少し失敗したなと思うのは、体力をつけようと思いニンニクをまる1コ投入したので、家中、ニンニク臭い…。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

西院のJoshinまで故障したデッキなどを持っていった帰りに
二条のTOHOシネマズで

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

を観た。

感想は一言、「登場人物がこんがらがってようわからん…」であった。

裏切ったり、裏切られたり、味方になったり敵になったり…
僕はもっとシンプルな方が好き。

昔から航海ものや海賊ものは好きであった。自分がその船に乗っているかのように錯覚して来て、わくわくしたものだ。
今回のは誰がどの船に乗っていて、どの船がどの役割なのか途中で分からなくなった。

もっともっとシンプルにジャックスパロウとブラックパール号を中心に展開してもらった方が面白かったのにと思う。結果的に主人公が誰かよくわからなかった…。

まぁ、そんなこんなで壮絶なアクションシーンでもあくびが出てしまうというような感じであったが、でもDVDが出たらまた見てしまうとは思う。



突然ですが、あの船に乗ってみたい!シリーズ。

POCWE06091.jpgイメージ

「宝島」のヒスパニオラ号

偶然宝島の地図を見つけたホーキンズ少年。ヒスパニオラ号に乗り込み宝島を目指すが、コックのフリをしていた海賊ジョン・シルバーに乗っ取られてしまう…。



:

「マスター・アンド・コマンダー」のサプライズ号

ジャック・オーブリー船長の英国海軍サプライズ号はフランスのアケロン号を追撃。激しい戦闘の中で深まる乗組員の絆や、成長する少年兵士たち…。



POCWE06093.jpg

「天空の城ラピュタ」のタイガーモス号

空賊のドーラ一家が生活する空中空母。ラピュタを探すため乗り込んだ少年パズーと少女シータが、次第に極悪の空賊たちと打ち解けてゆく…。



POCWE06094.jpg

「スターウォーズ」のミレニアム・ファルコン号

ご存知、スターウォーズに登場するハン・ソロ船長のオンボロ宇宙船。銀河系一のスピードを誇るが、たびたび故障して主人公達をピンチに陥れる…。


思い出すだけでファンタジーの世界に連れて行ってくれる船たちである。

今日の晩ご飯

P1030023.jpg

スパゲッティとトマトの水煮缶をもらったので、作った。

僕はけっこう麺は麺で塩をふって食べたい方なので、こういう作り方をすることが多い。

フライパンのまま食べるのが男食いである。

チャップリンのモダンタイムス

DSC00620.jpg


両親と一緒にチャップリンの『モダンタイムス』を京都会館第一ホールに見に行って来た。

これはライブシネマといい、映画の音楽をオーケストラが生演奏するというもの。

スクリーンで映画が上映され、音楽と効果音が生演奏なのである。

チャップリンサイレントならではの企画であり、映画自体の面白さと、音楽の素晴らしさがあってこその企画である。

映画の凄さはいうまでもないが、オーケストラの京都市交響楽団の演奏も毎年すばらしく、サウンドトラックを忠実に再現していて、今年も本当に感動した。

よくあることだが、昔の映画や歌をリメイクする際、「自分の個性を盛り込みたい」とかいってその結果、オリジナルを汚すような駄作を作ってしまうアーティストが多い中、毎年、あくまで「忠実な再現」にこだわっている京都市交響楽団の演奏に拍手を送りたい。

『モダンタイムス』は無声映画といえども一部トーキーだし、特にラストのチャップリン自身の歌を、どう演奏するか気になっていたが、映画の音をそのまま使い、うまくオーケストラとMIXしていた。

あくまでチャップリンをリスペクトし、「映画を殺さないように」というオーケストラの姿勢にも感動した。



映画が終わり、オーケストラの皆様に対しての拍手が鳴り止まぬ中、アンコール演奏があるかと思いきや、それはなかった。

少々残念…。

僕のように『モダンタイムス』を過去何十回も見ているひとにとっては、映画は映画でいいとして、オーケストラの生演奏が感動的なのであり、アンコールで名曲をもう一度聴きたいと思うのは、これはまぁ自然である。

だが、この会場には『モダンタイムス』を初めて見た人も多いだろう。
(実際、僕の後ろの席の人は小学生くらいのお子さんであった。…上映中、爆笑の連続であった。)

映画に感動した初見の人に対して、オーケストラが出しゃばるのはよくないとの考慮で、アンコール演奏が行われなかったと想像する。
そう思うと、アンコールがなかったことにも、逆に好感が持てた。


とにかく、今まで何回見たかわからぬ『モダンタイムス』であるが今日も、

笑い、涙し、感動した。

ありがとうチャップリン様。&京都市交響楽団さん。


このチャップリンライブシネマは今年で3回目で、
一回目は『キッド』
二回目は『街の灯』
そしてことしは『モダンタイムス』であった。

来年は『黄金狂時代』かな?
今から、楽しみ。

ゲッティーサラダ

P1030017.jpg
ゲッティーサラダ


最近は野菜ばかり食べている。

のように食べている。

今日はオリジナルのスパゲッティのサラダを作って食べた。

なかなか美味しかった。